■台湾西部

台湾の遊園地「劍湖山世界」に行ってみよう

台湾のテレビを見ていてこんなCMを見た事がありませんか?


もしくは、台湾のニュースを見ていて「劍湖山世界」でイベントが…
なんてニュースとか、見た事はありませんか?

・劍湖山世界って何?

台湾中部にある大きな遊園地です。台湾に行ってまで遊園地に行かなくても…?
いやいや、普通に面白いですよこの遊園地。色々なイベントも同時開催されてますし。

・ところで劍湖山世界のCMの2人はどんな人達?

白衣を着て眼鏡をかけているのが「阿Ken」さん
顔に金箔を塗って、金色の全身タイツなのが「納豆」さん
台湾の芸人さんです。良くセットで出ますがコンビではないらしい。

阿Ken(本名:林暐恆)
http://zh.wikipedia.org/wiki/林暐恆

納豆(本名:林郁智)
http://zh.wikipedia.org/wiki/林郁智

・あれ?このCMに似たCMをどこかで見たような…

こっちが元祖です。でも金色になったのは劍湖山世界の方が先なのかしら…?


・劍湖山世界に行く方法は?

劍湖山世界の公式サイトに書いてありますよ
http://fancyworld.janfusun.com.tw/admission.aspx?sign=traffic

台北からは「日統客運」のバスで行けるらしいけど、管理人は使った事がないので良く分かりません
http://www.solarbus.com.tw/groupview/janfusun.html

管理人は斗六駅から接駁車(シャトルバス)で行きましたので、そちらを紹介します。

斗六駅を降りて改札を出て辺りを見るとこんな看板があります
IMG_1983.jpg

案内の看板の通りに出て見るとバス乗り場がありました
IMG_1982.jpg

ここにチケット売り場があり、売り場の人の教えてもらったプランが
「1日パスポート」+「行き帰りのシャトルバス往復」or「セブンイレブン100元券」で799元

まぁ、ここから行く人でシャトルバス往復を選ばない人は居ないでしょう。
1日パスポートgが699元なのを考えると、往復で100元なら納得の値段です。
30分に1本ぐらいの割合でバスは出てるので、路線バスよりも気楽に乗れると思います。

で、このチケット売り場で帰りのシャトルバスの時間も聞かれますが
これはあくまで「帰りがこの時間帯だけれど、大丈夫?」という確認だけです。
予約完了ではありません。帰りのバス予約完了は、遊園地のサービスカウンターでします。

良く分からない日本人がわざわざ台湾の遊園地にやってきたよって事で
売り場の人がやってきた運転手さんに「ちゃんと案内してあげてね」って感じで
伝えてくれたり助手席に乗せてくれたりかなり優しいです。本当にありがとうございます。

で、シャトルバスは20分ほど物凄い勢いで爆走します。遅い車はどんどん
対向車線から抜いていくので、これもスリルを味わうアトラクションなんでしょうね(違う

着いたら右側にあるサービスカウンターで帰りのバスの予約決定をしましょう。
名前とか電話番号など書きます。管理人は台湾のプリペイド電話番号を持っているので
特に問題なかったですが、電話番号が無い人がどうしたら良いかは聞いて無いので分かりません。

劍湖山世界の入口がここです
586596846.jpg

管理人が遊園地に行った2012年5月26日は「痛漫祭」というイベントがやってました
痛車が観覧車付近に展示されてたり、コスプレイベントが近くのホテルで開催されてましたよ
IMG_1924.jpg

劍湖山世界のマスコットキャラクター達です
IMG_1927.jpg

入口からエスカレーターで山を上がっていくと、お化け屋敷がありました。
台湾の人は怖がりで絶叫マシンも苦手、なんて話を聞きますがこのお化け屋敷でも
みんな怖がって後ろに回ろうとするんです。頼むから日本人を先頭にするのはやめてくださいw

山に作られた遊園地なので、エスカレーターが無い所とかはかなり厳しいです。
バリアフリー? 何それ? といった感じ。旅行中で筋肉痛の足には結構辛かった。

園内のアトラクションはお化け屋敷、絶叫系ジェットコースター、観覧車、子供向けアトラクション
プールなど色々な物があります。1日パスポートで入場なので興味がある物はどんどん乗ってみましょう。

この後、一気にフリーフォールするジェットコースター
IMG_1935.jpg

嫌というほどぐるんぐるん回されます
IMG_1936.jpg

観覧車です
IMG_1945.jpg

観覧車から見る景色はとても爽快です
IMG_1944.jpg

上に一気に上がる、良くあるアトラクション。東方の霊夢のコスプレしてる人、大変そうでしたw
IMG_1953.jpg

この日はコスプレイベントもあったので、コスプレのままアトラクションに乗る人達が沢山居たので
とても面白い光景が見れました。メリーゴーランドに乗る涼宮ハルヒとかスパイダーマンとか。

で、遊園地すぐの所にある「劍湖山王子飯店」で開催されていたコスプレイベントも見てきました
IMG_1978.jpg

・劍湖山世界から帰ろう

行きで降りた駐車場へ、シャトルバスを予約した時間より前に行くと
だいたい皆さん集まってるのと、行きの時の運転手さんがだいたい居るので
「あ、日本人ちゃんと戻ってきた」って感じで笑顔で迎えられます。後はバスで斗六へ。

・感想

管理人、1人で行ったのですが台湾の友達と行きたかったなあと。
プールもあるので、暑い時期に何名かでわーっと行くのが良いと思います。
体の大きい人・太ってる人は絶叫マシン系のバーが固定できず乗れないのでご注意。

・参考リンク

旅々台北さんのこの特集の方が遊園地の魅力は分かりやすいと思います。
http://www.tabitabi-taipei.com/topics/20091029/janfusun.html

台湾人もあまり知らない謎の街?「台西」

台湾には有名な街が、台北・台中・台南・台東とあります。
北・中・南・東…あれ、西は? 台西という街は無いんでしょうか?

・台湾人の友達に聞いてみました

何十人に聞いても「そんな街無いよ、聞いた事も無い」という答えしか来ませんでした。
でも、あるんです実は。台中より南西に位置した、海に近い場所にポツンと。

Wikipedia - 台西郷
http://ja.wikipedia.org/wiki/台西郷

雲林縣臺西鄉公所全球資訊網
http://www.taihsi.gov.tw/

・台西へ行く方法

公共交通手段はバスのみです。台北と台中から高速バスが出ています。
台北だと「臺北轉運站」から統聯客運のバスが出ています。

台中だと、台鉄台中駅の真ん前にある台中客運のバスターミナルから乗れます。

台中から台西まで220元、約2時間半ぐらいかかります
580467641.jpg

セブンイレブンの辺りで降ろされます
IMG_1707.jpg

降りたら速攻で白タクの運転手さん?の客引きが待っています。
まぁちょっと待って下さいよ、そもそもここが良く分からないのですから。

台西の街並み…特に何もない
IMG_1695.jpg

台西の街並み…これは何ですか?
IMG_1700.jpg

答え:牡蠣
台西は海に近いので取ってきた牡蠣をこうして道端とかで中身を取ってるおばちゃんや
道端や辺りの草むらなどで貝殻の山が至る所で出来ています。

・台西からの帰り方

このファミリーマートの左側に「統聯客運」、右側に「台西客運」のチケット売り場があります。
台北に帰りたい場合は「統聯客運」、台中に帰りたい場合は「台西客運」でチケットを買いましょう。
IMG_1708.jpg

そして来る時に「台中客運」で来ましたよね?
何で帰りに「台中客運」のチケット売り場がないのか?

答え:「台中客運」も「台西客運」も相互乗り入れ?しているらしい

「台中客運」のバスばっかり来て「台西客運」のバスが来ないなーと2時間ほど待ちぼうけしてて
一緒に待ってた台湾の方が耐え切れなくなり「台西客運」のカウンターに問い合わせたら
「台中客運」のバスに乗って、と言われたので慌てて二人とも乗りに行ったという…

という訳で、バスが来たらとりあえず「これで乗れる?」って聞きに行くぐらいの姿勢でお待ち下さい。

・余談

台西に詳しい台湾人さんからツイッターで聞いた所によると
「セブンイレブンやファミリーマートが出来たほど都会になったんだね」
「観光客はほとんど見た事が無い、街中みんなが知り合いぐらいな感じです」と。

実際に行ってみて、本当に台湾の田舎の街という感じでした。お寺は多かったですね。
タクシーに乗って海の方まで見に行けばもっと色々な発見があったかもしれない。

台湾の人達に「台西」の話をするとかなり受けが良いので時間がある方は
観光的な名所は特に何も無いですけれど、1回は行ってみると良いかもですね。

・追記 「台西國際藝術村」っていうのがあるらしいよ

台西國際藝術村
http://www.janfusun.com.tw/webc/html/travel/show.aspx?pid=5&kid=44,46

そういえばバス降りて少し歩いた辺りにこんな壁があったのでここかも。
IMG_1701.jpg

プロフィール

D-Master

Author:D-Master

アマチュア作曲家、台湾観光局公認インスタグラマー

台湾のお祭り・イベント・オタク文化が好きで台湾各地を飛び回っています

お仕事のご依頼などあれば
お気軽にご連絡下さい

Twitter @DStyle_estyle

e-mail
d.master.net at gmail.com

ブログ内検索

最新トラックバック

/